AKARI
KAMEI
答えがないことを
プラスに捉える
未知へのチャレンジを、いかに楽しめるか?
CRM部 クロス商品開発課
亀井 亜花莉 / 2018年 中途入社

一人ひとりの社員を
大切に想う会社

はじめに、メビウス製薬へ中途入社を
決めた経緯を教えてください。
メビウス製薬は2社目でして、前職は化粧品の販売員として3年ほど働いていました。化粧品を販売する仕事にやりがいを感じていましたが、商品企画にも深く携わりたいという気持ちが次第に強くなり、転職を考えるようになりました。

ただ、求人の条件をみていくと、未経験でも商品開発にチャレンジさせてくれる会社はほとんどありませんでした。そんな中、メビウス製薬は、社員の挑戦を積極的に推奨している会社で、未経験でも商品企画に携われる可能性があることを知ってエントリーしました。

そして、入社の大きな決め手になったのは、人です。面接では、社長と常務が、社員にどうなってもらいたいかを熱く語ってくれて、一人ひとりの社員を大切に想っていることが伝わってきました。他の会社の面接も受けたのですが、こんなに社員の成長や幸せを考えている会社は他になく、率直に「すてきな会社」と思えたのが大きな決め手となりました。

商品開発は、
お客様の”声”を第一に考える

亀井さんが所属されている、
CRM部クロス商品開発課の仕事を教えてもらえますか?
CRM部は、『SIMIUS』のお客様と末長い関係を築けるように様々な施策を行う部署ですが、その施策のひとつが商品の追加提案です。例えば、「この商品を買った人は、こんな商品も買っています」と全体傾向から商品を提案したり、お客様一人ひとりのお買い物の履歴に沿って、そのお客様にあわせた商品を提案したりします。

また、CRM部には商品開発課があり、追加提案する商品の開発も行います。ここでは、メンバー各自が商品開発を担当し、企画立案から、開発まで行います。いわば、一人の担当者が、一つの商品の責任者となります。私も今年から、商品開発課に所属することになり、念願叶って商品企画に携わるようになりました。

私たちが商品開発において大切にしていることは、お客様の声です。商品企画の骨子が固まったら、SIMIUSのお客様にアンケートをとり、実際にお客様にニーズがあるかを確認したり、お客様からの要望を汲み取ります。お客様の声に真摯に向き合うことが、お客様が本当に欲しいと思える商品を開発するために不可欠と考えているからです。

お客様の反応が見える事が、
やりがいに繋がる

亀井さんが、強くやりがいを感じる瞬間を
教えてください。
今は、商品開発に携われていること、純粋にやりがいを感じます。新しい事を学んだり、できなかったことができるようになったりと、日々の仕事に充実感を感じています。

また、自分のやってきたことに対する結果が実感できることにやりがいを感じます。やはり、自分が企画から携わってきた商品がお客様の手元に届いて、「使用したら、すごく気持ちよかった」「お肌のコンディションが、わかりやすく変わった」といった喜びの声をいただくと報われた気持ちになります。

新商品の開発は「絶対にこれ!」という正解はないと思っています。そのため、様々な試行錯誤を重ねながら、自分が信じられるものを作っていくしかありません。そうやって苦心して完成した商品が、お客様の毎日の幸せに貢献できたと感じられる瞬間は、たまらなく嬉しいです。

末長く愛される化粧品を
目指して

メビウス製薬では「The 100 Challenge」を
ビジョンとしていますが、
亀井さんが挑戦したいことはありますか?
メビウス製薬の社名の「メビウス」のように、一時的なムーブメントで終わるようなものではなく、末長くご愛用いただける商品を自分の手で生み出したいです。それこそ、メビウス製薬が目指している「100年使える化粧品」の開発に挑戦していきたいと思います。

今は商品開発に携わりはじめたばかりで、チームメンバーから手取り足取り教えてもらっている状態なので、早く独り立ちしなければと思っています。商品企画の根幹から、ひとりで提案できるようになりたいです。

同時に、商品開発は、社内外の様々な人のサポートによって成り立つ仕事です。常に謙虚で、周りの人への感謝を忘れずに、仕事を進められる人になりたいとも考えています。

チャレンジを楽しめる人で
ありたい!

最後に、メビウス製薬では「Most Value Book」に
私たちが大切にしたい考え方を掲載していますが、
亀井さんが特に好きな内容を教えてください。
私は、メビウス製薬の組織と人づくりの指針でもある「WAPPY 〜 working for happy life 〜 」です。WAPPYは、仕事を充実させることが、幸せな人生に繋がるという考えが中心にあります。そして、そのためには仕事を楽しむことが大切という話に強く共感しています。

仕事をしていると、未知なものとの遭遇の連続です。正解がない中で、手探りをしながら、自分で切り開いていく必要があります。幸い、私はその状況を楽しるタイプですし、「答えがないから大変」とマイナスに捉えるのではなく、「どんな可能性があるかな?」と前向きに取り組むことを大切にしています。

メビウス製薬には、困難こそ成長のチャンスと捉え、欲張りにチャレンジする人が多いと思います。「迷ったら、やってみよう!」と、何事にも前向きに捉えられる人は、すごく楽しめる会社だと思います。

私自身、これからも様々なチャレンジを繰り返して、お客様に喜んでいただける商品を届けていきたいです。

OTHER INTERVIEW