MIYU
IWATA
「やりたい」を
我慢しなくていい
欲張りに挑戦する人を、応援してくれる会社
社長室・新規ブランド立ち上げ担当
岩田 みゆう / 2020年 新卒入社

入社の決め手は、
“人”とチャレンジできる環境

はじめに、メビウス製薬へ入社を
決めた経緯を教えてください。
幼い頃にアトピー性皮膚炎に悩まされていて、他の子と見た目が違うことで引っ込み思案になっていましたが、そんな私のコンプレックスを解消してくれたのが化粧品でした。治療中もファンデーションでアトピーを隠したりすることで、気持ちが変わっていきました。

私も「化粧品を通じて、誰かの気持ちを良い方向に変える仕事がしたい」と思い、化粧品会社を志望するようになりました。メビウス製薬の商品は、年齢を重ねるごとに増える肌悩みにアプローチしています。私の母もシミそばかすを気にしていますし、そういう悩みを持った人に貢献できると思ったのが最初の応募動機です。

ただ、「ここで働きたい!」と思った一番の決め手は、面接で会った社員の方々です。

私の話をとても親身になって聞いてくれたことに加え、「そういう時は、こう考えたほうが良いんじゃない?」など、フィードバックをいただけたことが印象的でした。また、選考を進めるなかで、手をあげればチャレンジできる会社であることもわかってきました。様々なことに挑戦できる会社であることも、会社選びの重要な軸だったので、次第にメビウス製薬に惹かれていきました。

新規ブランドの立ち上げを
ゼロから経験

岩田さんが所属されている、社長室・新規ブランド
立ち上げ担当の仕事を教えてもらえますか?
名前の通り、新規ブランドの立ち上げを担当しています。私が入社した2020年に出来たチームで、まさか入社してすぐに新規ブランドの立ち上げに携わらせていただくとは思いませんでした。

このチームでは、ブランドのコンセプトづくりから、商品の企画や開発、販促の方法、注文から商品発送までのオペレーションの体制づくりなど、ブランドの立ち上げに必要なことを決めていきます。現在のメンバーは4人なので、一人ひとりがブランドづくりのコアメンバーです。

現在は、2021年の春頃のリリースを目指して、新しいスキンケアブランドの準備を進めています。『SIMIUS』『リフティス.』とは違うアプローチでお客様の肌悩みを解消できるブランドになれそうで、今からリリースがとても楽しみです。

期待以上のチャレンジを
させてくれている

岩田さんが、強くやりがいを感じる瞬間を
教えてください。
新規ブランドの立ち上げに挑戦させてもらっていること自体にやりがいを感じます。いつかは商品の企画や開発に挑戦してみたいと考えていたのですが、こんなに早く機会をいただけると思っていなかったので、チャンスをくれた会社にありがたいと感じています。

今は、仕事のどれもが未経験のことなので、ゼロから全てを覚えていっている状態です。ブランドを立ち上げるのは、こんなに大変なことなのか…と思うことも多々ありますが、入社した時と比べると自分が成長できていると感じる瞬間も沢山あります。

手をあげれば、様々なことにチャレンジをさせてくれる会社だと期待して入社しましたが、期待以上にチャレンジさせてくれる環境で働けることに、やりがいを感じています。いただいたチャンスに応えるためにも、準備中の新規ブランドの立ち上げを成功させたいです。

メイクアップ化粧品の
企画にも挑戦したい!

メビウス製薬では「The 100 Challenge」を
ビジョンとしていますが、
岩田さんが挑戦したいことはありますか?
当面の目標は、現在準備中の新規ブランドの立ち上げを成功させることですが、その先も様々な新規ブランドの立ち上げに関わっていきたいです。経験や実績を積んで、メビウス製薬の経営理念である「美と幸福に貢献する」の実現を目指し、いろんなアプローチからお客様に価値を提供できる人になりたいと思っています。

また、メビウス製薬はスキンケアなどのベースメイクを中心とした商品を扱っていますが、ゆくゆくはメイクアップ系の化粧品の開発にも携われたらと思います。気持ちを前向きにする意味で、メイクアップ系の化粧品の果たす役割は大きいですし、私自身、メイクアップの化粧品がすごく好きなので。

メビウス製薬が考える「美と幸福」は外見だけでなく、内面的な幸福も持ち合わせていてこそ、美しいと捉えています。そう考えると、私たちが挑戦すべき領域は、ものすごく広いと思います。様々なことにチャレンジをしながら、お客様に喜ばれる、より良い商品をお届けしていきたいです。

「好き」や「やりたい」を
我慢しない

最後に、メビウス製薬では「Most Value Book」に
私たちが大切にしたい考え方を掲載していますが、
岩田さんが特に好きな内容を教えてください。
新規ブランドの立ち上げに挑戦させてもらっていること自体にやりがいを感じます。いつかは商品の企画や開発に挑戦してみたいと考えていたのですが、こんなに早く機会をいただけると思っていなかったので、チャンスをくれた会社にありがたいと感じています。

今は、仕事のどれもが未経験のことなので、ゼロから全てを覚えていっている状態です。ブランドを立ち上げるのは、こんなに大変なことなのか…と思うことも多々ありますが、入社した時と比べると自分が成長できていると感じる瞬間も沢山あります。

手をあげれば、様々なことにチャレンジをさせてくれる会社だと期待して入社しましたが、期待以上にチャレンジさせてくれる環境で働けることに、やりがいを感じています。いただいたチャンスに応えるためにも、準備中の新規ブランドの立ち上げを成功させたいです。

OTHER INTERVIEW